社会福祉法人アンビシャス

〒006-0006
札幌市手稲区西宮の沢6条2丁目5-12
Tel  011-669-2222
Fax 011-669-3000

メールでのお問合せはコチラ ≫

札幌いちご会
RING!RING!プロジェクト
競輪オフィシャルサイト

アンビシャスについて

ごあいさつ

理事長 奥田 龍人

 社会福祉法人アンビシャスは、障がい者の地域での自立生活運動を実践していた「札幌いちご会」の活動を基に、平成12(2000)年4月に産声を上げました。

 以来、「どんなに障がいが重くても、自己選択・自己決定・自己責任において、自分が望む地域で暮らせる社会を目指す。」という法人理念を胸に、今日に至っています。

 現在は、身体障がい者福祉ホーム「ステップ6・2」、生活介護事業「自由工房」、「デイサービスセンターいるか」、重度の心身障が者の方を対象とした生活介護事業「フルハウス」、居宅介護事業「アンビシャスケアセンター」及び「相談室すきっぷ」の6事業の運営を行い、毎日、多くの方にご利用いただいております。

 また、当法人の入浴施設は利用者の方に限らず、地域の障がい者の方にもご利用いただいておりますし、陶芸室は地域住民の皆様にもご利用いただいているほか、隣接する北愛館とともに毎年9月に開催している「ながつきフェスティバル」には、地域の皆様にも参加いただくなど、地域に根差した施設として成長してくることができたと感じています。

 今後も当法人の創設者である澤口初代理事長と小山内初代総合施設長、また、竹田前理事長の志を引継ぎ、障がいのある皆さんの地域生活の支援充実に努めてまいりますので、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 奥田 龍人

法人理念

どんなに障がいが重くても、自己選択、自己決定、自己責任において、自分が望む地域で暮らせる社会を目指す。

方針

  1. 私たちは、障がいを持つ方の「地域移行」「地域生活」「日中活動」を支援します。
  2. 私たちは、このような社会を実現するための運動をしていきます。
  3. アンビシャスは、障がい者自らが地域社会における力をつけるため、学び・考え・実践し、社会の中で役割を持ち一歩踏み出す場とします。

法人概要

法人名社会福祉法人アンビシャス
所在地〒006-0006 札幌市手稲区西宮の沢6条2丁目5-12
電話番号011-669-2222
FAX番号011-669-3000
代表者理事長 奥田 龍人
実施事業実施事業 障がい者福祉ホーム「ステップ6・2」身体障がい者居宅介護事業「アンビシャスケアセンター」生活介護事業「自由工房」生活介護事業「デイサービスセンターいるか」生活介護事業「フルハウス」障がい者相談支援事業「相談室すきっぷ」

これまでの歩み

〇 昭和55(1980)年、道立障がい者入所施設の個室化計画を機に、後の当法人初代理事長 澤口京子 と 初代総合施設長 小山内美智子 が中心となって障がい当事者の任意団体「札幌いちご会」が結成されました。以後、札幌いちご会は地域での自立生活を希望する身体障がい者の支援のため、社会福祉制度に係る行政への働きかけとともに、有償ボランティア派遣、移送サービス、自立生活相談、地域共同作業所や自立生活体験室の開設など、独自の自立生活支援事業を実践してきました。

〇 20年余りの任意団体としての活動を通じ、施設退所後や特別支援学校卒業後の在宅生活を送るためのステップとなる場、生きがいを持って通える活動の場の必要性を痛感し、その拠点づくりを目的として平成11(1999)年に「どんなに障がいが重くても、自己選択・自己決定・自己責任において、自分が望む地域で暮らせる社会を目指す。」を法人理念とする社会福祉法人アンビシャスの設立認可を得、翌平成12(2000)年4月、障がい者福祉ホーム「ステップ6・2」、身体障がい者デイサービスセンター「いるか」、身体障がい者通所授産施設「自由工房」を開設しました。

〇 その後の変遷の主なものは以下のとおりで、今日に至っています。

・ 平成15(2003)年 居宅介護事業所「アンビシャスケアセンター」を開設し、居宅介護事業、重度訪問介護事業、移動支援事業を実施。平成18(2006)年からは移送サービスを、平成23(2011)年からは同行援護事業も実施。
・ 平成18(2006)年、「相談室すきっぷ」を開設。札幌市障害者相談支援事業を受託。
・ 平成18(2006)年、障がい者自立支援法施行に伴い、身体障がい者デイサービスセンター「いるか」を生活介護事業「デイサービスセンターいるか」に移行。
・ 平成18(2006)年、札幌いちご会から西区で同会が運営していた地域共同作業所「フルハウス」の移管を受け、さらに平成23(2011)年、生活介護事業所「デイサービスセンターいるか」の従たる事業所に移行。(平成26(2014)年、手稲区の法人本体施設に移転。)
・ 平成24(2012)年、身体障がい者通所授産施設「自由工房」を生活介護事業所に移行するとともに、「相談室すきっぷ」で一般相談支援、特定相談支援、障がい児相談支援を開始。
・ 平成24(2012)年、初代総合施設長 小山内美智子 退任。
・ 平成27(2015)年、初代理事長 澤口京子 退任。
 第二代理事長に 竹田 保 が就任。
・ 平成29(2017)年、第二代理事長 竹田 保 退任。
 第三代理事長に 奥田龍人 が就任。
 併せて、総合施設長に 西村正樹 が就任。

施設紹介

1階

施設紹介 1階